Top

建築・不動産に関する
コストの適正化を
サポートします。

中長期修繕計画の大幅な予算見直しによる効果

中長期修繕計画の大きなウエイトを占めるマンション大規模改装工事に関して、現在から将来に渡って大幅な予算見直しが可能です。 また、中長期修繕計画を見直すことにより月々の修繕積立金の増加を防げる可能性や、区分所有マンションの資産価値の向上に繋がります。


マンション大規模改修工事とは?

『建物の区分所有等に関する法律』では、分譲マンションの共用部分はマンションを購入した人たち(区分所有者=管理組合員)全員の共有財産なので、保守点検や修理等に必要な費用も全員で管理・負担することが決められています。
マンションの資産価値と性能を維持し劣化を防止するために、10~15年サイクルで行なわれる共用部分の計画修繕を大規模修繕(工事)と言います。 基本的には躯体・外壁・防水層(屋上・バルコニー等)を修繕する工事を行い、「修繕積立金」で費用負担します。 経年と共に給水・排水設備の修繕や、エントランスや外構などの改良改善工事も必要となり資金面も含め、修繕計画の難易度は高くなっていきます。

修繕積立金が将来的に上がっていく計画になっていませんか?

マンション大規模改修工事の適正額の見直しは行っていますか?

建物の中長期修繕計画の見直しと削減は行っていますか?


マンション大規模改修工事における課題とは?

マンション大規模修繕を迎えられる管理組合員にとっては、非常に重要であり大変な業務です。
通常は、理事会とは別に大規模修繕委員会を設立し、修繕箇所の検討や大規模修繕を依頼する工事業者の選定を行います。 マンションの大規模修繕を行うにあたって、管理会社主導で進めてしまうと、必要以上の修繕工事を行われてしまったり、工事費用が高かったりなど、大切な修繕積立金を使いすぎてしまい、2度目、3度目の大規模修繕時には積立金が足りなくなり、一時金を数十万円も支払うことになってしまった管理組合様が多く存在しています。

他にもこのようなことでお悩みの方は多いです。

  • ・修繕計画が適切なのかが分からない
  • ・修繕工事にかかる費用が適切なのかがわからない
  • ・厳しい目を持った専門家にコンサルティングを依頼したい
  • ・手抜き工事が心配だ
  • ・専門知識がないので自分達だけでは心細い

このようにマンション大規模修繕には、コスト削減をできる可能性が高いです。マンション大規模修繕のコストを圧縮することによって、修繕積立金の価格を下げることも可能です。


大幅な予算見直しを実現する進め方とノウハウとは

大規模改修工事の予算見直しを実現する為の進め方は、まず見積金額の「工事単価」「項目」「修繕範囲」を、精査ならびに現地確認をしたうえで、修繕工事として「適正な金額と修繕内容」にすることを目的として行います。 決して、手抜き工事になる無理な工事手法を推奨して、減額するものではありません。

修繕工事において、その工事内容や、金額は、宅建法・建築法・民法などの知識を有していないと、適正かどうかを判断することは困難です。 施工業者と説得・納得させるためには、根拠となる建築工事に関わる知識や、管理組合様、管理会社、工事業者との継続的な関係性をしっかりと把握・配慮することで、対等かつ有効的な交渉が出来ます。


お問い合わせ

現在だけでなく将来を含め中長期修繕計画の予算見直しをしてみませんか?

中長期修繕計画を見直す際、管理会社様、理事会様から事情や意向を詳しくお聞きして、それに添った形でご提案、プランニングを行ってまいります。 工事範囲、施工条件、工事項目に対して、明確な理由が存在するものに対しては支払い、不明確なものは双方で協議を重ねるという当然のことを、当社が代行ならびにサポートしていきます。

案件ごとの様々なケースが予想されますので、まずは弊社独自の適正査定を活用してください。査定までの費用は発生しない事と、査定自体は資料さえ開示いただければ非対面で対応可能です。 まずは、適正査定をお受けいただければ、将来の大規模改修工事の予算見直しの指標となるはずです。御見積書が無い状態でも、長期修繕計画を開示いただければ、ご提案可能です。